中古車を買う時は常に「当たりはずれ」不安があります。BMWの中古車を買うなら認定中古車だと不安は一掃されます。

BMWなら中古車でも安全でしょうか?

安心できるBMWの認定中古車

車を安く買いたいのであれば、やっぱり中古車から選ぶのが一番です。

しかし、中古車を買う時、気を付けなければいけないのが「選んだ中古車は世界に一つだけしかない」ということです。

なんだか、スマップの代表曲のような言い回しになってしまいましたが、実際そうなのです。

確かに新車でも最終的に買う車は「唯一」の車で、まるっきり同じものはこの世に存在しません。ただ、それが新車であれば工場で生産された品質は保ったままなので、性能もそれほど差はありませんし内装や外装も綺麗なままです。

なので、同じ車種であればどれを買おうと、いわゆる「当たり、はずれ」というものがあまりありません。

しかし、中古車の場合はこうはいきません。同じ車種でも、前のオーナーがどういった乗り方をしていたかで、車の外装・内装はもちろんのことエンジンや駆動系などの性能に関することにも大きく変化が現れます。
このいわゆる「当たり、はずれ」の存在というものが、新車と中古車の大きく異なることでしょう。中古車を買うユーザーにとっては当然「はずれ」は引きたくありません。逆に車を売る側からすれば、なるべく欠点を隠して商品を見栄え良くして売ろうと思います。
(別に、中古車屋さんが悪意で中古車の瑕疵を隠しているとは思いません。あくまでも一般論の話です。

)そこで役立つのが、第三者がその中古車に関して適正な評価をつけるという制度です。

例えば、BMWでは認定中古車というものがあります。
そこには、第三者評価機関(AIS)のチェックを受けた車をその評価点を数値化し、「車両品質評価書」というものを着けた中古車が販売されています。
こういった適正な評価を受けた車であれば、中古車でも安心して購入することができます。

Copyright (C)2017BMWなら中古車でも安全でしょうか?.All rights reserved.